FC2ブログ

建築家と一緒に家を立てたので、10年経ってもこんなにいいことがありました。

2011-12-07
今回、10年目の大掛かりなメンテナンス工事をして改めて感じたことがあります。
それは、『光設計さん、宗建築さんと一緒に家を建てておいてよかった。』ということです。

光設計さんは建築設計事務所なので、私の思いを設計図にして工務店さんに伝えてくれる役割があります。
宗建築さんは工務店なので、光設計さんが作成した設計図をもとに家を建ててくれる役割があります。

両者は新築時からのお付き合いです。ホームドクターのように我が家のことを熟知しており、工事を安心して任せられます。
家は年を取ります。メンテナンスしていかなければ使えなくなります。メンテナンスしていれば100年ぐらいは平気だとお聞きしました。


私との関係はいつもこんな感じです。
 私が光設計さんに文句や希望を言うと
 光設計さんが私の文句や希望を聞いてくれて設計したり工事の監理をしてくれる。
 宗建築さんは設計に従い、現場監督さん、職人さんの手ですばらしい工事をしてくれる。
 私は工事の様子を見て、宗建築さんや光設計さんに文句を言ったり褒めたり感動したり提案したり・・・で勝手に楽しんだりする。
 それで、大満足の家づくりやメンテナンス工事ができる。

今回のメンテナンス工事もそうだったのですが、
もし、光設計さんが居なくて工務店さんと私だけだったらうまくいかないと思います。
私と工務店さんとの間に光設計さんが居ることで、みんながうまく回っているように思います。


私には『思い』があります。
工務店さんには『建築の技術』があります。
設計事務所には『思いを建築技術で適えるための設計技術』があります。
ひとつでも欠けているといい家ができないと思います。

宗建築の赤池社長が「一緒に作りましょう」と、10年前の新築工事契約締結時に仰っていたのはコレだと思います。三位一体の家づくりですね。

今回は新築工事ではありませんでしたが、10年前の新築時と全く同じように三位一体となってメンテナンス工事を行い、満足のいく結果を残せました。

施主は黙っていては駄目です。どんどん参加してどんどん思いを伝えましょう!
そうすることで、思い通りの家を手に入れることができます。

本当に、光設計さん、宗建築さんとの出会えて幸せでした。

建築家との出会い方や設計事務所、工務店との家の建て方は発行予定のメールマガジンで語る予定です。
お楽しみに・・・。(って、まだ発行する気配ないじゃん!) 
 
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://kokyusumai82.blog.fc2.com/tb.php/67-a723290e
<< topページへこのページの先頭へ >>