スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

雨の日でも太陽光で発電しています。

2013-05-12
昨日の東京は雨でした。

こんな空模様でしたが
IMG_7191.jpg

我が家は1kwも売電していました。
IMG_7190.jpg

陽が差さなくても発電できるんですねぇ。驚きました。

1kwといえば100wの電球が10個同時に点きます。冷蔵庫やテレビも動かせる量です。

災害で停電した場合
天気が悪くても太陽光で冷蔵庫やテレビを動かすことができるのは助かります。
携帯(今はスマホか)の充電やランタンや懐中電灯やラジオの充電もできちゃいます。

太陽光発電って、とても頼りになります。

振り返ってみると、我が家はとってもラッキーでした。
みなさんも参考にしてください。

(1)屋根の形状がよかった

 切り妻屋根が功を奏しました。

  こういう屋根の形状は、南面に太陽光パネルをめいっぱい並べられて有利です。
  太陽光発電パネルの設置枚数が多いと、発電量が多くなります。
  
(2)開放的な家のつくりがよかった

  南面の開口が大きく、開放的で室内がとても明るい家です。
  自然光だけで十分明るいので、晴れた日はほとんど照明不要。
  電気の消費量が少ないと、その分、売電量がアップします。

 どちらも光設計さんのおかげです。

(3)太陽光発電システムの品質がよかった

  三菱電機の太陽光発電システムは太陽光発電パネルの出力量が大きいだけでなく、屋根で発電した電気を家庭内で利用できる形に変えるパワーコンディショナーという機械の性能が非常によいので、発電した電気を無駄なく使えます(売電できます)。

(4)工事をしてくれた皆さんの協力がよかった

無理な体勢で天井の開口工事や電線を通す穴を開けてくれた大工さん
1天袋に穴を開ける大工さん 大工さん

天井裏にもぐりこんで電線を這わせた電気工事屋さん
3電気屋さんが頭を突っ込んで天井ら裏の電線を引っ張ろうとしました P1010355.jpg

屋根から室内に至る電線の配線ルートを最短で、そして見た目にも美しくなるように考えてくれた電気工事屋さん。(10年前に新築工事でお世話になった方なんですが、いまでもこのように気にしてくれます。)
   
新築時からお世話になりっぱなしの設計事務所の光設計さんと工務店の宗建築さん、今回の太陽光発電システムの業者さん。
  みなさんが親身になって協力してくれました。

スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。