スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

壁の断熱材をしっかり施工すれば、お得なことが沢山あります。

2012-01-28
いや~ ほんと。寒いですねぇ。

で・・・
 断熱材のお話でもしましょう。

『断熱』材といえば、夏の暑さ(熱)を防いで室内を涼しく保つ役割のように思うのですが、冬だってとても役に立っています。

家の断熱性能の良し悪しは、住んでからの光熱費に大きく影響するので非常に大切です。

断熱の良くない家は、エアコンや暖房器具に頼らないと快適に過ごせないので、その分、冷暖房費が高くなります。
電気の消費量を増やしてしまうので、発電に必要な石油の輸入量や消費量も増えるし、CO2も増えて地球温暖化になってしまうし、原子力発電所も止められないし、危険も高まるし、困ったことが多くなります。

家を建てるなら、最初からしっかりと断熱しましょう。
壁の断熱工事の様子は、大工さんが室内側の壁を張ってしまうと隠れて見えなくなってしまうので、部屋の壁を張る前に自分の家の断熱がしっかりできているか、よく点検しておきましょう。
ぴったり隙間なく、厚い断熱材が丁寧に張ってあればOKだと思います。

スキマだらけ、が一番駄目ですね。
スキマ部分だけ断熱が疎かになり温度が低くなるので、壁の中で結露するかもしれません。
結露すると壁の中に水滴が溜まるので、見えない壁内がカビたり腐ったりします。見えないので気づかずに10年、20年と経過して・・・。(恐ろしい!)

性能の高い断熱材と上手な施工業者を選びましょう。

05200011.jpg
断熱材は、大型まくら(サンドバック?)のような形で納品されます。

05230013.jpg 05230014.jpg
このように隙間なく施工してあると、寒いといっても外気温に比べれば室内はとても暖かいです。
宗建築さん、どうもありがとう!


スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。