スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

障子を張り替えました

2012-12-27
障子を張り替えました。


古い障子紙を剥がして、桟をきれいにして


糊を付けて新しい障子紙を貼って


糊が少し乾くのを待ち、周囲をカットすれば出来上がり

綺麗に貼れてちょっと嬉しい瞬間です。


2枚でゆっくりのんびり3時間ぐらいかかりました。
古い障子紙を剥がしてから濡れ雑巾を使って桟をきれいにするのに手間がかかりますが、
新しい紙を貼るのは意外に簡単。一人でもできます。

呼吸する住まいは、住民参加型の楽しい住まいです。

ちなみに、この障子は例によって「こういうのがほしい~」と光設計さんにおねだりして作ってもらったものです。
やりたい放題、手作り感いっぱいの呼吸する住まいは最高!\(^o^)/

スポンサーサイト
tag :

特等席で花火見物

2012-07-24
前回、iPhoneからのブログ投稿がうまくいったようなので、今日も隙間時間を活用して書いています。

花火大会のシーズンがやってきました。
今年も我が家の花火見物用のバルコニーから花火を楽しみました。



バルコニーは新築時に「夏になるとあの辺りに花火が上がるので、見えるようにして欲しい!」と光設計さんに懇願して設計してもらったものです。
あの時は、屋根に上がって周辺を写真に収めて光設計さんにお渡ししたりで、かなり頑張りました。おかげで10年間、特等席で花火見物をしています。

吸する住まいなら、こんなわがままも実現できます。
tag :

『呼吸する住まい』のテイストにあわせたスピーカー

2011-09-21
馬鹿みたいな話はまだまだ続きます。

もっと馬鹿みたいな話ですが
 当時調達したスピーカーはBOSEの301Ⅳです。
 国内で販売していなかったので仕方なく個人輸入しました。

こんな箱で海を越えてやってきました。
06100007.jpg


なぜそこまでするかと言うと
 このスピーカーはBOSEにしては珍しくローズウッドという木目仕上げなんです。BOSE1.jpg

無垢の木をふんだんに使った『呼吸する住まい』にぴったりです。
BOSE特有の真っ黒や白色のスピーカーだと、この家では浮いてしまいそうです。


 それに、
  前面ネットにある『大きなBOSEのエンブレム』は、このモデルにはありません。
  エンブレムは、さりげなく端っこに付いています。

 木目とさりげないエンブレムと性能と価格が気に入って並行輸入に踏み切りました。

 購入してみたい方は相談に乗ります!ご連絡ください。


で・・・
 「このスピーカーを取り付けたいんです」って話をしたら

なんと、本職の電気屋さんが取り付けに協力してくれました。
06170019.jpg
取付金具(ブラケット)を付けるためにスピーカーの裏側を計測中です。

電気屋さんといっても街の電気屋さんではありません。
照明とかコンセントとか、電気工事をすべて担当してくれた専門家です。

どうでもいいような個人のこだわりでも、
  家作りのプロが楽しみながら面倒を見てくれたのです!


ほんとに、ありがたかったです。

職人さんと住む人が一緒になって家を作れるなんて最高です。

そういえば・・・
この家を建ててくれた宗建築の赤池社長さんが
 契約のときに
  「一緒に家を作りましょう。参加してください!」って言ってくれたのを
 思い出しました。

tag :

BOSEのスピーカーを使っています。 とんでもない音がします。

2011-09-17
新築時にBOSEのスピーカーを取り付けました。
これがまた、すごくいい音がするのです。

リビングのBOSE

珪藻土塗りの壁に専用ブラケットで直付けしています。
壁の下地は合板です。
「ここにスピーカーを取り付けるんだったら、下地は合板にしよう!」という計らいで
石膏ボードではなく、わざわざ合板にしてくれました。
合板は石膏ボードに比べて重いし、扱いに手間がかかるので大工さん泣かせです。

でも、おかげさまで
 大迫力の驚きのすばらしい音がします。本当にビックリです。

珪藻土の無数に空いた穴(?)が不自然な反響を抑え、しっかりした合板が
壁ごと音を鳴らしています。重低音の安定性がまったく違います。
スピーカーから音が出ているというよりも、空間が鳴っている感覚です。
(ちょっと熱く語ってしまった・・・)


見た目も大事なので、スピーカーケーブルが表から見えないようにしています。
スピーカーの裏からオーディオ機器まで(オーディオ棚まで)壁の中を通しています。

オーディオにうるさい人は、「ケーブルを取り替えると音が変わる」などと言って
ケーブル交換がひとつの楽しみになったりしています。

ケーブルを壁の中に埋めてしまったら交換できないじゃないか・・・と思われるかもしれませんが
我が家のケーブルは先行配管の中を通っているので、いつでも交換が可能です。
ちなみに私は一度も変えていません(笑)。だって、今ので大満足だから。

先行配管
オレンジのが先行配管の例です。壁を作る前に工事しておきます。

壁の中に予め仕込んだパイプ(配管)の中に、あとからスピーカーケーブルを通しているので、
いつでもパンツのゴムを取り替えるようにケーブルを抜き差しして交換できます。
(例がよくなかったかしら?)


馬鹿みたいですが、こういうへんな家作りができるのも呼吸する住まいのいいところです。

tag :

畳の部屋でごろごろ 最高です。

2011-07-03
しかし・・・毎日暑いですねぇ。
我が家ではこの土日、エアコンを使いませんでした。
(がんばった!)

風がよく通るように上手に設計されたこの家は快適です。

風の通り道をうまく設計するだけでなく、基本性能もすごい!。
無垢の材木や珪藻土塗りの壁、月桃紙の壁たちが室内の湿度を下げてくれます。
断熱材や外壁断熱工法、モルタル塗りの外壁が外の熱をブロックしてくれます。

そういう「呼吸する住まい」に住んでいて
特に贅沢だなぁと感じるのは、夕方のひと時です。
気温が下がってくる夕方から夜にかけては最高です。

和室にごろ~んと寝転がって、
大きな窓から入ってくる涼しい風を受けながら、「ふにゃ~」と、ゆっくりとしたひと時を過ごしています。
(だらしがないといえば、そうなんですが、「今日も一日暑かった。あー涼しいぃ~」みたいな・・・)
お風呂上りなんかも暑いですから、ごろごろと夕涼みしちゃいます。
和室は本物の畳敷きなので、気持ち良さが倍増です。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。