スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

床暖房用のボイラーのメンテナンス

2015-05-02
もう5月。かなり暖かくなりましたね。(今日は暑いぐらいでした)

冬の間、頑張ってくれた床暖房ですが、春先に調子が悪くなりました。

操作パネルの表示にエラーが出て、ボイラーが止まる症状が何度か起きました。
騙しながら使っていたのですが、さすがに危ないので、業者さんに診てもらうことにしました。

その前に、説明書を見て確認!

原因が、わかりました。「空気抜き」をすれば治りそうです。

実は我が家の床暖房のボイラーは、灯油式です。
ガス式も選択できたのですが、灯油のほうが燃費がいいということで、灯油式を採用しました。

灯油には空気が混入するらしく、その空気がボイラー内で溜まってくるとエラーが出るそうです。

エラーが出たら、空気抜きの弁を開けて(ネジを開けて)空気を抜けばOKです。
説明書にも書いてあるので、その通りにやれば簡単にできました。
ちょっと手に灯油が着いてしまい、臭くなりましたが気にしません。

自分でボイラーの蓋を開けて、作業してもいいんですね。ちょっと驚きました。

で・・・。久しぶりにボイラー君と会ったのですが、「不凍液」がLowレベルになっていました。
11011190_713265028782445_7534812701919940612_n.jpg

これはイカン。

説明書を読んでみると、自分で補充できることがわかりました。
説明書

ノーリツさんの製品は、自分で面倒をみることができるので、なかなかよろしい。
いちいち、業者が来て出張費をくださいって言われるのは困りますからね。

早速、補充用の「不凍液」を入手しようと、ノーリツさんに相談したところ、
近くの代理店さんから届けてもらえることになりました。

代理店さんは当初、不凍液だけを売ることはできない。
一度、見に行かせてくれ。と仰いました。
手数料はかかるか?と質問してみると、やはり出張費が必要とのこと。

やっぱり、こういう商売なのかぁ・・・。と、がっかり。

説明書を読んだ。自分で不凍液を補充したい。と告げたところ、
取り寄せ対応してくれることになりました。
代金は、2リッターで2,000円とのこと。
不凍液なんて、車用のラジエータ液を入れてしまえばOK!という人もいましたが、
黙って純正品を使っておくのが、あとさき(後先)を考える大人というものです。
素直に取り寄せをお願いしました。 

1週間もしないで届いたのがこれ。
11182165_713264998782448_4913911485113109058_n.jpg

ボイラー本体上部にある、補充口を開けます。(ドライバー1本でできました。)
11193324_713265052115776_4091131320394761151_n.jpg

開ければ説明書通りの補充口が出てきます。
真ん中の蓋を開けてはいけません。少し不安ですが、不凍液は周りの皿の部分に入れてあげます。
hojyu.jpg

周りに、不凍液を入れると、タンクに溜まる仕組みです。
11204874_713265175449097_8647922292358737760_n.jpg

少しずつしか飲まないので、時間がかかりましたが2リッター全部飲みました。
11050091_713265222115759_8662530736857531441_n.jpg

これで、レベルがLowからFullになりました。
11205164_713265262115755_4695242775789456832_n.jpg

10リッター入りの不凍液もありますよ。と言われましたが、2リッターにしておいて正解でした。
もう、お腹いっぱい!

ちなみに、ボイラーの中って思っていたより綺麗でした。購入後15年経過したとは思えない。
しっかりした作りですね。安心です。
10429350_713265158782432_2839805379574556490_n.jpg


自分でできることは、楽しみながら自分でやる。
(やってはいけないことは、危険だからやらない。)

おしまい。



スポンサーサイト
tag :

auひかりがやってきた

2015-04-25
すごく久しぶりに書きます。

FacebookにLINEにメールに、WeiboにWeixinに・・・私の周囲にSNSが蔓延していまして、このブログを書く時間が後回しというわけです。
ようやく時間を見つけたので、書きます。

待ちに待ったインターネット光ファイバーケーブルが我が家にもやってきました。
最高速度1GbpsということでADSLよりも200倍以上も速いらしいですが・・・。

工事に先立ち、KDDIから来た機器は3つ。通信機器大手のNEC製です。
さすがKDDIは信頼と品質重視で、イイものを使っておられます。

IMG_3112.jpg IMG_3114.jpg IMG_3115.jpg 

我が家は2世帯住宅なので、電話番号を2つ注文しました。
いままでのNTTだと、1契約1500円ぐらいで、毎月3000円の基本料金でしたが、auひかり電話だと、2契約合わせて950円です。だいぶ安くなりました。

電話番号が2つの場合は、スイッチングハブを買ってくださいと言われたので、Amazonで安いのを買いました。
通信機器は24時間電源が入っているので、熱がこもります。放熱効果が高い、スチール製を買うのが長持ちさせるコツだそうです。
IMG_3150.jpg

光ケーブルは、数日後に我が家に引き込まれました。
電柱からすっきりポールまで渡し、そこから地中を通り、家の中に入り、通称「分電棚」まで届きました。

外に立つすっきりポールから、宅内の分電棚に至る配線は、先行配管の中を通します。先行配管は、家を建てるときに、天井裏や壁裏にあらかじめ通しておく管です。
当日の工事は、先行配管の中に光ケーブルを通せばいいだけなので、簡単にすみました。特別な費用もかかりませんでした。
先行配管があると、壁に穴を開けたり、宅内にケーブルを這わせてなくてすみます。
(プレハブやメーカーハウスで先行配管をするのは、難しいかもしれません。)

分電棚の様子です。
IMG_3152.jpg IMG_3183.jpg
扉を閉めれば、機器類は見えません。
配線も通信機器もまったく目に触れることなく、高速インターネットが使えています。スッキリ!

すっきりポール+先行配管+分電棚の組み合わせを、ぜひお奨めしたいです。

壁裏の先行配管の様子です。(ここは中継地点です)
IMG_3178.jpg IMG_3174.jpg 

それではまた。
tag :

auひかりがやってくる

2015-01-22
遅ればせながら、ようやく我が家にも高速インターネット回線時代がやってきます。

いままではADSLを使っていたのですが、ある理由で契約終了。
いろいろと検討した結果、「変えるなら今でしょ!」ということで、
光ファイバーauひかりを契約することにしました。

申し込んでから10日ほど経ちまして、今日はKDDIの担当の方が下見に来られました。

我が家は新築時にスッキリポールを立ててもらい、電話線や電力線を電柱から家に引き込んでいました。
なので、家の壁には直接電線がつながっていませんし、壁にも穴を開けていません。

今回敷設する光ファイバーケーブルも、スッキリポール経由で家の中に入ってくるということで、工事はとても簡単に終わるということでした。
家をいじめることなく、外観も綺麗でスッキリしたまま、最新テクノロジーを(しかも追加工事費用なく)取り入れることができるのも、「呼吸する住まい」のよいところですね。



tag :

太陽光発電の年間実績データ公開

2015-01-17
我が家に太陽光発電が着てから、ちょうど2年が経ちました。

年間の発電量をグラフにしてみたので公開します。

月別発電量2013-2014


一番発電するのは春。春の日差しは強いので日焼けに注意と言われるとおりです。
春の発電量が高いのは5月まで。6月の梅雨の時期は天気が悪いせいで落ち込ちこみます。夏は春ほど発電しません。8月をピークに徐々に低下します。
10月と11月が底で、12月から再び春に向かって上昇していきます。
やはり、日照時間と関係がありそうです。

光設計さんから頂いた設計図を見ると、屋根の角度(傾斜)は4.5/10。
ほぼ南向きの屋根です。
太陽光発電システムは発電パネルもパワーコンディショナも三菱電機製です。

SOLAR CLINIC で公表されている月間発電量リアルタイムランキング
12月度 地域別(東京)の順位は8位、全国111位です。\(^o^)/
呼吸する住まい82発電所 を さがしてみてください。

tag :

自然素材で作る 呼吸する住まい の本が素晴らしい

2014-12-07
IMG_2761.jpg

早速、光設計の栗原さんから本を贈ってもらいました。

表紙から素晴らしい。
ページをめくる前から感動!

なんのひねりもない
「自然素材で作る 呼吸する住まい」というタイトルもうれしい。

このフレーズは私が栗原さんに出会った15年前から、変わっていない。

この本は、なんといっても写真が綺麗。
人や自然に対する栗原さんの優しさ、暖かさがにじみ出ている。

冷静に考えれば「単なる家の写真」と解説なのに、幸せな気持ちにさせてくれるのはなぜだろう。
何度観ても飽きないのは、住まいの本質を表現しているからではないだろうか。

「家は建てるもの。住まいは作るもの。」という言葉があったかどうか知らないが・・・(笑)
栗原さんは私たちに住まいをプレゼントしてくれたんだと思う。

ゴージャスさや奇抜さは無いけれど、格好つけずに自然体でくつろげる
「呼吸する住まい」に家族で住まうことの幸せと、贅沢さを、
改めてこの本が教えてくれた。

さらにもうひとつ。
この本は
「呼吸する住まいのカタログ」でないところが素晴らしい。
カタログはモノやコトを売るための媒体だが、
この本は売る気なんてどこにも感じさせないどころか、
目を通した者を幸せな気持ちにさせる不思議な書物だ。

「呼吸する住まい図鑑」とでも呼んだほうが良い。
この本の出版は、これまでの施主さんたちが大喜びであることは間違いないが、
これから家を建てたい人たちが手に取れば、とんでもない驚きが待っていることは間違いない。
(手に取った人は本当に運が良い!)

呼吸する住まいを選んだ選択は間違っていなかった。

栗原先生 ありがとうございました。

ここで買えます。



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。